医療トピックス No.1 久留米・筑後地区で初の鼻からの胃内視鏡検査

ひまわり A クリニック 消化器内科・消化器外科・呼吸器内科・外科・肛門外科・リハビリテーション科 ひまわりヘッダイメージ
トップ 医療トピックス No.1
医療トピックス

久留米・筑後地区で初の鼻からの胃内視鏡検査

久留米・筑後地区で初の鼻からの胃内視鏡検査
医療トピックス一覧へ 医療トピックス No.1
「エッ、胃の内視鏡検査を鼻からするんですか?」という声を患者さまや医師からもよく聞く。そうです。従来の胃内視鏡検査は、口からファイバースコープを挿入した手技なので皆さん驚かれるのも当然である。
2002年5月に直径が5.9mmの細くて柔らかい、画期的なファイバースコープが開発され、鼻からの胃内視鏡検査が可能になった。当院では、2004年12月に経鼻内視鏡を導入し、久留米・筑後地区で初めて鼻からの胃内視鏡検査を施行、患者さまから好評を得ている。そこで当院が行っている経鼻的上部消化管内視鏡検査について紹介する。

機種

機種
図1)従来の胃内視鏡スコープとファイバースコープの太さの比較
直径が5.9mmの極細径のファイバースコープを用いる(図1)。従来の胃内視鏡用のスコープは、直径8〜10mm。

検査前の処置

検査前の処置
1. 胃の中の泡を無くすため水薬を服用する。
水薬(ガスコンドロップ10ml+プロナーゼ゙0.5g+炭酸水素ナトリウム1g+
微温湯50ml)
2. 両側鼻腔内に血管収縮剤を噴霧する。
硝酸ナファゾリン(0.05%フブリビナ)の噴霧。
3. 両側鼻腔内にゼリー状の麻酔薬を注入する(鼻洗浄も兼ねる)。
2%キシロカインビスカス2mlを数分間 麻酔後
次に2%キシロカインビスカス2ml+2%キシロカインスプレー2mlを数分間麻酔。
4. 図2)写真両側鼻腔内(左右の鼻腔内挿入可の確認の為)を12Frと18Frのネラトンカテーテル(柔らかい管)で拡張する(図2)。
12Frのネラトンカテーテルを挿入して数分後抜去し18Frのネラトンカテーテルをゆっくり挿入する。
5. 数分経過後に咽頭に軽く麻酔薬を噴霧し検査開始する。
(原則として鎮痙剤使用しない)
6. 検査終了後 鼻出血予防のため硝酸ナファゾリン(0.05%プリビナ)の噴霧をする。

検査手技

検査手技
図3)写真
ファイバースコープの先端から約5〜10cmのところを把持し、鼻に挿入、モニターを見ながら、中鼻道、声帯、食道入口部を確認して挿入する。以後は、従来の手技と同じで十二指腸 下行脚まで観察する(図3)。

メリット

メリット
1. ファイバースコープが咽頭部を刺激しないので“オエッ”、“ゲー”となる咽頭反射が少ない。また咽頭部の痛みが少ない(図4) 。
2. 患者さんと医師が会話ができる。特に患者さんは、モニターに映しだされる自分の胃の映像を見ながら医師に質問ができる。
3. 鎮静剤、鎮痙剤、鎮痛剤、眠り薬などを必要とせず安全である。
4. 麻酔の量が少なくてすむ。
5. 3、4の点から費用が若干少なくなる(医療費抑制につながる)。
図4-1)経口法イメージ:咽頭部を刺激する図4-2)経鼻法イメージ

デメリット・問題点

デメリット・問題点
1. 鼻痛あるいは鼻腔内が狭いために挿入不可となる(頻度 非常に少ない)。
2. 検査後 鼻出血(頻度 非常に少ない)。
3. ファイバースコープが極細径のため、従来のものと比べモニター画面がやや小さく、画質がやや劣る。
4. 内視鏡下での治療ができない。

デメリット・問題点の対策

デメリット・問題点の対策
1に対しては無理をせず従来と同じで口からの方法を選択する。
2に対しては鼻部圧迫や硝酸ナファゾリン(0.05%プリビナ)の噴霧し止血可能である。
3、4に対して今後、機械の開発が期待される。診断は充分可能である(生検診断も含む)。

代表的な症例

代表的な症例
早期胃癌症例を提示する(図5 左図:IIc m癌、右図:IIa + IIc sm癌)。
図5-1)IIc m癌図5-2)IIa+IIc m癌

体験者の声

体験者の声
「楽だった」、「口からの方法と比べ痛みが少ない」、「これだったらまた検査をしても良い」、「 会話ができ不安感がなかった」、「本当に鼻からできるんですね」など。

体験者の声

経鼻内視鏡の有用性について
機械の操作、液の吸引、送水、送気、生検には問題なく、診断面は充分である。咽頭部の反射や疼痛が少なく患者さんの評判も良い。経鼻内視鏡は、胃の透視や口からの内視鏡が苦手な方、咽頭反射が強い方に非常に有用で、上部消化管の病気の早期発見、早期治療に期待できる。

医療トピックス 一覧

医療トピックス 一覧
前のページへ このページのトップへ